HOTEL赤い靴 / 横浜 / 中華街 / 元町 / みなとみらい / 山下公園 / 横浜スタジアム / 本牧  
     HOTEL AKAIKUTSU  


      





あかいくつ 履いてた 女の子
異人(いじん)さんに 連れられて 行っちゃった

横浜の 埠頭(はとば)から 汽船(ふね)に乗って
異人(いじん)さんに 連れられて 行っちゃった

今では 青い目に なっちゃって
異人(いじん)さんの お国に いるんだろう

赤い靴 見るたび 考える
異人(いじん)さんに 逢うたび 考える




作詞家:野口雨情さんの童謡 『赤い靴』の歌詞です。
実は若い世代の方はあまり知らないそうなんです。
そこで『ホテル赤い靴』としては、これはいけないということで
このページを作りに至りました。

実はこの歌詞はフィクションではあるものの、モデルになった
実話があるんだそうです。



明治35年7月 静岡県清水市(現:静岡市清水区)に生まれた
きみ という女の子
未婚できみを生んだのは 岩崎かよ という女性です。
きみを育てながら、かよは北海道に渡ります。
そこでかよは鈴木志郎という男性と知り合い結婚。
当時きみは3歳だったそうです。

当時、北海道は開拓を広げていた時期でもありました。
結婚した鈴木夫妻もまたその開拓団として入植します。
しかし、その開拓生活は大変厳しく、かよは義父 佐野安吉の仲介で
宣教師ヒュエット夫妻にきみの養育を頼んだんだそうです。

しかし程なく、宣教師ヒュエット夫妻には本国アメリカへの
帰国命令が出されたそうです。
その頃、きみは結核に冒され、夫妻は一緒にアメリカに連れていけない事態に。
東京:麻布にあった孤児院にきみは預けられました。
ですが、その病気がもとで9歳という幼さでこの世を去りました。

母親のかよは、娘きみが他界したことも一切知らされず、
ヒュエット夫妻と一緒にアメリカに渡っているものと信じていたそうです。


のちに鈴木志郎は新聞社に勤務することになる。
その時の同僚の一人がのちの詩人:野口雨情であり、鈴木夫妻と親交を深めて
いく中で、『娘のきみは宣教師とともに渡米した』という話を聞き、
のちに童謡『赤い靴』が作詞され、本居長世によって作曲されたものだそうです。




上記が実は『定説』となってはいるようですが、そこに異を唱える説もあるそうです。
それらはWikipedia 等にも掲載されています。
興味のある方は読んでみてください。
ちょっと面白いですよ。



こちらを書くにあたって、色々なサイト等を参照させていただきました。
その中で知ったのですが、実は『赤い靴はいた女の子像』は多数あるようです。
 
 
こちらが山下公園内にある像

青森 鰺ヶ沢町

 東京 麻布十番
 
静岡 日本平

北海道 小樽市 

北海道 留寿都(ルスツ) 

北海道 函館市

アメリカ サンディエゴ

 横浜駅 自由通路






| トップページ | インフォメーション | 料金案内 | 客室紹介 | アクセス | お問合せ |

| グループ関連サイト | クーポン |




Copylight  HOTEL AKAIKUTSU  All Rlight Reserved.