横浜デートに最適な場所にあるラブホテル  
    HOTEL AKAIKUTSU
    〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町105  
    お問合せ 045-664-6931

       




  童謡『赤い靴』        作詞:野口雨情  作曲:本居長世

1. 赤い靴 履いてた 女の子
 異人さんに 連れられて 行っちゃった

2. 横浜の 埠頭(はとば)から 汽船(ふね)に乗って
 異人さんに 連れられて 行っちゃった

3. 今では 青い目に なっちゃって
 異人さんの お国に いるんだろう

4. 赤い靴 見るたび 考える
 異人さんに 逢うたび 考える
 


当ホテルの名前が、この童話と関連するのかどうかは知りません。(敢えて確認もしておりません)
が・・・・無関係という事もないと思います。(関係者ではないですがね、きっと)
実はこの童謡、最近ではあまり知られていないという事を知ったんです。
ホテル近隣にある山下公園には『赤い靴をはいた女の子像』というものもあります。



自分自身、童謡などからは離れてしまっていますし、学校・幼稚園等でもなきゃ聞く機会もないですしね。
で、改めて調べてみると、実話を題材にしているらしいと今更ながら知りました。
折角なので、それらをご紹介しておきたいと思います。



 1902年(明治35年)7月15日 静岡県清水市(現静岡市清水区)で母『岩崎かよ』の私生児として生まれた『きみ』がそのモデルと言われています。
当時は私生児を生んで育てるということ自体、世間から白い目で見られる時代でした。
『きみ』が三歳の時に母『かよ』は北海道に渡ることを決意します。まだ、当時の北海道は開拓真っ盛り。
開拓団を募り、入植者を募集している時代でした。
そして函館に渡った母『かよ』はそこで『鈴木志郎』という男性と知り合い、結婚します。
この頃、社会主義活動の一環として、北海道真狩村(現留寿都村)に社会主義結社『平民社』の作る『平民農場』への入植を決意した鈴木夫妻。
しかし、寒さ厳しい北海道の自然の中での開墾作業という状況に、まだ幼い『きみ』を連れていくことは難しいであろうと、函館にいたアメリカ人宣教師『ヒュエット夫妻』に『きみ』を託していくことにしました。


(実際、『かよ』の実弟『岩崎辰蔵』をも北海道に呼び寄せましたが、開墾の過酷な労働により亡くなっています。
また、故高倉健さん主演の映画『八甲田山』で広く知られる『八甲田山雪中行軍遭難事件』は明治35年の出来事です。)


時がたち、平民農場は行き詰まり、鈴木夫妻もその地を離れました。(小樽や樺太へ行ったと言われています)

やがて、鈴木志郎・かよ夫妻の間に子供が出来ます。1907年(明治40年)の事です。女の子で名前を『のぶ』と名付けられました。
鈴木志郎は新聞社に勤務することになりますが、そこで後の作詞家でもある野口雨情と知り合います。
(野口雨情も新聞社勤務)
2人は意気投合し、一軒家を借りて野口雨情夫妻と一緒に住んだくらいの仲になったそうです。



 
実はその頃、『きみ』を預かった『ヒュエット夫妻』は帰国することになります。
しかし、その時『きみ』は当時不治の病と言われていた結核にかかってしまいます。『きみ』を連れて渡米することも出来ず、困ったヒュエット夫妻は、当時東京の麻布十番にあった鳥居坂教会の孤児院に『きみ』を預けていくことにしました。



 
そんなことは知らない母『かよ』は、『きみ』は宣教師とともにアメリカに渡って元気に暮らしているものと思い込んでいます。
鈴木志郎と意気投合し一緒に暮らしていく中で、野口雨情は母『かよ』から『きみ』の話を聞いていました。


 それが鈴木夫妻と野口雨情夫妻が出会ってから14年後に、童謡『赤い靴』の歌詞となったと言われています。
 (1921年(大正10年)に作詞、翌年に本居長世によって作曲された)


 時を経て、童謡『赤い靴』は野口雨情が作ってくれた歌だと知り、母『かよ』は良く歌っていたそうです。
しかしながら、1948年(昭和23年)に『きみちゃん、ごめんね』と言い残して、64歳で亡くなったそうです。

 



 なぜ、こんな詳細に作詞の経緯が判っているのか?
そこにも、一つの物語のような実話がありました。




 1973年(昭和48年)北海道新聞の夕刊に載せられた読者からの投稿が発端でした。
その投稿は、『童謡:赤い靴』に出てくる女の子は、自分の未だ会ったことのない姉だというものでした。

投稿者は、鈴木志郎・かよの間に生まれた2人目の子だという『岡その』という女性(当時60歳前後)。

その投稿を気に掛けた北海道テレビの記者がいました。
のちの小説家でもあり、出版社(文芸春秋)を立ち上げた菊池寛さんでした。

この投稿を気にかけ、事の真意を確かめるべくアチコチ取材をし、調べるのに5年を費やしたそうです。
そして1978年(昭和53年)に北海道テレビのドキュメンタリー番組として放送され、翌年、ノンフィクション小説『赤い靴はいてた女の子』として発表されました。



 
実は、麻布十番の孤児院に預けられた『きみ』は結核での闘病生活も3年で、9歳で亡くなっていたそうです。
その事は、菊池寛氏による調べで分かったことであり、誰もその事実は知りませんでした。

 



各地にある『赤い靴はいた女の子像』 
 
 
横浜市:山下公園
『赤い靴はいた女の子像』
(童謡の歌詞に出てくる)
 
静岡市:日本平
『赤い靴母子像』
(岩崎かよ、きみ生誕地)

 
青森:鰺ヶ沢町
『赤い靴の女の子記念像』
(鈴木志郎の出身地)

 北海道:函館
『きみちゃん像』
(宣教師に預けられた場所)
 
北海道:小樽
『赤い靴・親子の像』
(鈴木志郎・かよ夫妻の眠る場所)

 北海道:留寿都
『母思像』
(平民農場があった場所)

東京:麻布十番
『きみちゃんの像』
(鳥居坂教会のあった場所)
 
アメリカ:サンディエゴ
『The Girl in Red Shoes』
(横浜市と姉妹都市)

横浜駅
『赤い靴はいてた女の子像』
(童謡の歌詞に出てくる)



上記の各地の像の写真を見ていくうちに気が付いてしまいました・・・・。
写真下に像を建てた理由を記載してみましたが・・・・

結論として、
史実から一番遠いのは横浜の赤い靴はいた女の子像ではないか?

という事です。

まぁ、童謡『赤い靴』の歌詞に横浜が出てくるのは間違いないですし、
歌詞が必ず事実でなきゃならないなんてこともありませんからね。

けど、史実からは遠かったようです(笑)




| TOP | SYSTEM | ROOM | FOOD | SERVICE | ACCESS | 

Copylight (C) 2019 HOTEL AKAIKUTSU. All Right Reserved.